日本人を対象とした調査によれば、5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」と回答しています。
加齢とともに不眠は増加します。60歳以上の方では3人に1人が睡眠問題で悩んでいます。
スリープサインホームでは、睡眠を大きく4つのパターンに分類します(スリープクリニック調布院長 遠藤先生監修)。
自分の睡眠パターンがわかれば、よりよい睡眠へ近づける事ができます。
あなたの睡眠はどのパターン?

■更新情報

■メディア情報すべて表示