act2logo
lc●簡易的に睡眠状況を把握するための最適なツールです!
活動量計を終日(昼も夜も)腰に装着するだけ。 それだけで“睡眠状況”が確認できます。
活動量計とは高機能な歩数計です。加速度センサーが搭載されており、歩数や消費カロリーのほかに、体の動きに応じた“活動量”を計測しています。SleepSignActは、この活動量から独自アルゴリズムにより、睡眠/覚醒を判別するソフトです。

●活動量計をつけるだけで、客観的な睡眠日誌に

  • 廉価な活動量計で多人数の同時計測が可能です
  • 睡眠変数(TST、SL、WASO、SEなど)を求めることができます
  • 6方向の姿勢情報も計測できます(アコーズ社製活動量計使用時)

●睡眠/覚醒を判別する仕組み


動きの強度に応じて活動量が計測されます。
日中も計測することで、昼間に行動(活動)していたかどうかが把握できます。
PSG検査との一致率は「85〜87%」です(*1)。
簡易的に計測するのに十分な精度です。

*1:Validity of an algorithm for determining sleep/wake states using a new actigraph. Journal of Physiological Anthropology 2014, 33:31

●計測は

活動量計を腰につけるだけ!
日中・睡眠中の活動量を計測します。

アコーズ社製 FS-760 アコーズ社製 MTN-220 スズケン社製 ライフコーダ
(3軸加速度センサ搭載 / 姿勢計測可能)
(3軸加速度センサ搭載 / 姿勢計測可能)
(1軸加速度センサ搭載 / Mets換算可能)

●特徴

廉価な機器で、簡易に計測 長期間計測が可能
腰に活動量計を装着するだけで活動量を計測できます。
40〜200日(*1)の連続計測が可能です。定期的に計測結果を取り込み、結合することで、長期間のデータを参照できます。
日中の活動を把握 睡眠変数や活動周期を算出
終日腰に装着すれば、睡眠だけでなく、日中の活動も把握できます。
1日の歩数やカロリーもチェックできます。
就床/起床時刻を設定することで、睡眠潜時(SL)などの睡眠変数を算出できます。
ペリオドグラムを表示し、睡眠と活動の周期を求めることもできます。
*1:FS-760では40日。MTN-220では68日。ライフコーダGSでは200日。最大連続記録日数は、機種により40〜200日となります。

●就床・離床時刻の自動推定

弊社独自のアルゴリズムで就床時刻と離床時刻を自動推定します
推定に誤りがあった場合は手動で修正することも可能です
※推定アルゴリズムは日本睡眠学会第41回定期学術集会にてポスター発表

●平均グラフ

睡眠変数や歩数、寝姿勢などの平均値を求めグラフ表示します。睡眠の傾向がよりわかりやすくなります。

●1時間毎データ

1時間毎の歩数、アクティブ歩数、消費カロリー、活動消費カロリーを表示できます(MTN-210、MTN-220で1週間のみ計測可能)

●拡張データ

他の計測機器のデータをCSVファイルを介して取り込み、データを重ねて表示できます。
下図は、睡眠中の心拍数の変化を睡眠判定、活動量と重ねた例です。

研究用途ご案内

行動/睡眠習慣、睡眠状態の研究を支援します。

●データ計測から解析までの流れ

「計測」 「取り込み」 「データ表示/解析」
活動量計を腰に装着して昼夜を生活します。
Felica通信やUSBで、パソコンへデータ転送します。
活動量から、睡眠/覚醒を自動判定して表示します。
就床/起床時刻を設定して、睡眠変数の算出や周期解析を行います。

●主な機能

[睡眠変数等の算出]

・就床/離床時刻で指定した”メジャースリープ”の睡眠変数等を自動で算出します。

睡眠変数
・眠っていた時間(TST) ・眠るまでの時間(SL) ・起きていた時間の合計(WASO)
・睡眠中に起きた回数 ・睡眠効率(SE) ・起きていた時間の平均
・指定分以上起きていた回数 ・姿勢変更回数(2分毎) ・ふとんに入った時刻
・眠りについた時刻 ・目が覚めた時刻 ・ふとんから出た時刻
・睡眠時間(SPT) ・ふとんにいた時間(TIB)

[周期解析機能]

・ペリオドグラムで、行動周期・睡眠周期を解析できます。
・睡眠判定結果や活動量を積算することで、睡眠や活動のパターンをグラフ化できます。

ペリオドグラム(クリックして拡大)

積算グラフ(クリックして拡大)

[データ分類]

・日ごとに、分類(「休日と平日」、「日勤と夜勤」など)を設定することができます。(最大7分類)
・指定した分類順のデータ表示、分類ごとの解析などが可能です。


“平日”と”休日”を分類しています。

[CSV出力]

以下の項目について、CSV出力が可能です。

  • 計測データ、睡眠判定結果、メジャースリープ範囲
  • 睡眠変数
  • ペリオドグラム
  • 積算グラフ
  • 平均グラフ
  • 1時間毎データ

*機能詳細につきましては、構成/価格ページをご覧下さい。

ヘルスケア用途ご案内

患者さんの行動や睡眠パターンを計測し、問診、診察に活用できます。

●機能紹介

患者さんの計測データを確認しながらの問診が可能。

腰につけて計測した活動量データを、簡単にパソコンに取り込めます。
診察時には、患者さんから受け取ってすぐに確認しながら、問診できます。

睡眠日誌として利用できます。

活動量から睡眠/覚醒を自動判定し、グラフ出力できます。
より客観的なデータに基づいた睡眠日誌として利用していただけます。

画像をクリックして拡大

睡眠レポートを出力できます。

睡眠時間、睡眠潜時などの睡眠変数と計測データをレポートにして出力できます。
患者さんへ計測結果のフィードバックが行えます。



●ソフト構成

製品名 型番 定価(税抜) 適用
睡眠−覚醒リズム研究用プログラム
(基本パッケージ)
SleepSign Act 700,000円 基本パッケージ (*1)(*2)
オプションプログラム1
レポート出力
Act-Report print 200,000円 オプション(*2)
オプションプログラム2
周期成分解析
Act-Periodogram 300,000円 オプション(*2)
オプションプログラム3
主睡眠データ集計
Act-Summary 300,000円 オプション(*2)
Ver1からのバージョンアップ
(訪問設置・取扱説明あり)
300,000円
Ver1からのバージョンアップ
(訪問設置・取扱説明なし)
200,000円
※1: 本製品に活動量計は含まれておりません。
※2: 本製品を追加購入される場合、2本目以降の価格は定価の半額となります。

●動作環境

OS ・Windows 7 (32bit、64bit)
・Windows 8 (32bit、64bit)
・Windows 8.1 (32bit、64bit)
・Windows 10 (32bit、64bit)
スペック 使用するOSの推奨スペック以上とします。
USB USB Revision 1.1以上

●機能一覧

表示項目 活動量値 (身体活動レベル) 姿勢6体位
(FS-750, FS-760, MTN-220のみ)
就床・起床時刻
睡眠/覚醒 自動判定用データ
判定ライン
睡眠/覚醒 判定編集結果 イベント
(ライフコーダでのボタン押し)
睡眠変数 歩数、運動量、消費カロリー
EX (FS-750, FS-760)
分類
コメント 被験者情報 1時間毎データ
表示機能 グラフ表示
(1日、3日、5日、7日、10日、2週、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、指定高さ)
データ編集用画面(睡眠・覚醒・データ削除を編集、分類設定)
グラフ形式(シングルプロット、ダブルプロット)
解析画面(睡眠変数一覧表示、ペリオドグラム、積算グラフ、平均グラフ、拡張データ)
長時間覚醒の着色
自動判定・推定 プリセット判定基準による睡眠/覚醒自動判定、イベントによる就床・起床時刻自動設定、
就床・離床時刻の自動推定
就床・離床時刻による、睡眠変数の算出
グラフ印刷 ・活動量・睡眠判定グラフ
・ペリオドグラム
・積算グラフ
・平均グラフ
・拡張データ
CSV出力 ・計測データ、睡眠判定結果、メジャースリープ範囲
・睡眠変数
・ペリオドグラム
・積算グラフ
・平均グラフ

●ハードウェア

製品名 型番 定価(税抜) 備考
活動量計(1 台)
FS-760
FS-760 OPEN
(参考価格:12,000円)
アコーズ社製 (※3)(※4)
小型活動量計(1 台)
MTN-220
MTN-220 OPEN
(参考価格:12,000円)
アコーズ社製 (※4)
生活習慣記録機(1 台)
ライフコーダGS
Lifecorder GS OPEN
(参考価格:19,000円)
スズケン社製 (※5)
※3: 一般医療機器: 体動センサ、届出番号: 13B1X10085A00003。
※4: パソコンに取り込むために、別途SONY社製 非接触ICカードリーダ/ライタPaSoRi「RC-S380」が必要です。
※5: パソコンに取り込むために、別途USBケーブルが必要です。

●対応している活動量計

  • ライフコーダEX (EX4秒版は非対応)
  • ライフコーダPLUS
  • ライフコーダGS
  • ライフコーダMe
  • FS-750
  • FS-760
  • MTN-210
  • MTN-220 (市販のコンシューマ向けMTN-200とは機能が異なります)

●論文

年度 論文
2016 Comparisons of Portable Sleep Monitors of Different Modalities: Potential as Naturalistic Sleep Recorders
Masahiro Matsuo, imageFumi Masuda, Yukiyoshi Sumi, Masahiro Takahashi, Naoto Yamada, Masako Hasegawa Ohira, Koichi Fujiwara, Takashi Kanemura and Hiroshi Kadotani
Front. Neurol., 15 July 2016 | http://dx.doi.org/10.3389/fneur.2016.00110
2016 Actigraphy in patients with in major depressive disorder undergoing repetitive transcranial magnetic stimulation: an open label pilot study.
Nishida M, Kikuchi S, Nisijima K, Suda S.
J ECT. 2016 Sep 8.
2016 Sleep complaints are associated with reduced left prefrontal activation during a verbal fluency task in patients with major depression:A multi-channel near-infrared spectroscopy study.
Nishida M, Kikuchi S, Matsumoto K, Yamauchi Y, Saito H, Suda S.
J Affect Disord. 2016;207:102-109.
2016 Jogging therapy for hikikomori social withdrawal and increased cerebral hemodynamics: a case report.
Nishida M, Kikuchi S, Fukuda K, Kato S.
Clinical Practice & Epidemiology in Mental Health. 2016, 12: 38-42.
2015 活動量記録が薬効評価に有用であったうつ病の2症例.
吉成 美春, 西多 昌規, 小林 聡幸, 加藤 敏.
最新精神医学 (1342-4300)20巻5号 Page449-454
2015 活動量計が有用であった神経性やせ症の2症例.
小林 亮子, 西多 昌規, 安田 学, 齋藤 慎之介, 小林 聡幸, 加藤 敏.
臨床精神医学 (0300-032X)44巻8号 Page1129-1134
2015 睡眠障害に対する機能性食品成分の効果の検証
根岸 智史, 蒲原 聖可, 中島 野枝, 影山 将克, 伝宝 幸三.
Jpn Pharmacol Ther 2015 43(6)815-26
2014 散歩療法が奏効した回復期うつ病の3症例.
福田 和仁, 西多 昌規, 加藤 敏.
精神科治療学 (0912-1862)29巻7号 Page947-951
2014 Validity of an algorithm for determining sleep/wake states using a new actigraph
Kyoko Nakazaki, Shingo Kitamura, Yuki Motomura, Akiko Hida, Yuichi Kamei, Naoki Miura and Kazuo Mishima
Journal of Physiological Anthropology 2014, 33:31
2014 Effects of a Custom-Made Pillow on Sleep and Blood Pressure Circadian Rhythm
Seiko Miyata and Akiko Noda
2167-1095 JHOA an open access journal Volume 3 . Issue 6 . 1000183 doi:10.4172/2167-1095.1000183
2014 大学水泳選手における運動と睡眠状態の関連性
和田 匡史,山本 憲志
Original Paper
2013 Relation between Sleep Quality and Daily Physical Activity in Hemodialysis Outpatients
SHIORI SHIBATA, AKIMITSU TSUTOU, and HIDEYUKI SHIOTANI
Kobe J. Med. Sci., Vol.59 , No.5 , pp. E161-E166, 2013
2010 大腿骨近位部骨折患者における,夜間の睡眠覚醒リズムが精神・認知・運動機能に及ぼす影響
山本 裕太郎, 大城 晶平
日本理学療法学術大会 2010(0), CbPI1261-CbPI1261, 2011
2009 Newly developed waist actigraphy and its sleep/wake scoring algorithm
Minori ENOMOTO, Takuro ENDO, Kazue SUENAGA, Naoki MIURA, Yasushi NAKANO, Sayaka KOHTOH, Yujiro TAGUCHI, Sayaka ARITAKE, Shigekazu HIGUCHI, Masato MATSUURA, Kiyohisa TAKAHASHI and Kazuo MISHIMA
Sleep and Biological Rhythms 2009; 7: 17.22 doi:10.1111/j.1479-8425.2008.00377.x

●ポスター発表

年度 論文 PDF
2014 睡眠学会 小型活動量計への睡眠覚醒判定アルゴリズムの適用評価 2014JSSR
2013 睡眠学会 行動計による300人の睡眠計測結果分析 2013JSSR
2013 うつ病学会 職場復帰の判断に睡眠計測サービスを活用した1例 2013JSMD
2009 睡眠学会 腰の活動量を利用した睡眠・覚醒判定の信頼性 2003JSSR

●シンポジウム・講演

(2)日本睡眠学会第36回定期学術集会 共済スポンサードシンポジウム

No. 講演タイトル
講演1 生体リズム不調者に対するライフコーダを用いた睡眠計測サービスと睡眠確保の意識啓発
ソムノクエスト(株)江口 直美

参考:睡眠医療 第6巻2号 340-343
(1)第6回アジア睡眠学会・日本睡眠学会第34回定期学術集会・第16回日本時間生物学会学術集会 3大会合同大会シンポジウム

No. 講演タイトル
講演1 機能性食品の睡眠に対する効果をどう評価するか
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合生理学分野 勢井 宏義
講演2 精神科病院通院患者に対するライフコーダを用いた睡眠状態の把握
滋賀医科大学医学部精神医学講座 山田 尚登
講演3 高齢者の睡眠・覚醒状態を24-hour perspectiveでモニターすることの有用性
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所・精神生理研究部 三島 和夫, 他
講演4 体温計の横に行動系がある時代
スリープクリニック調布 遠藤 拓郎

参考:睡眠医療 第5巻2号 203-224

●活動量計比較表

活動量計 SLEEP MONITOR
FS-760
MicroTag活動量計
MTN-220
生活習慣記録器
LigeCorder GS
メーカー
アコーズ社
スズケン社
価格
オープン
(参考価格12,000円)
オープン
(参考価格12,000円)
オープン
(参考価格19,000円)
通信方式
近距離無線通信 Felica通信
USB Revision1.1準拠
メモリ
40日
68日
200日
時間分解能
2分
運動強度
32段階
64段階
11段階
検出方式
3D加速度センサー
1D加速度センサー
測定項目
1日毎:

  • 歩数
  • 総消費カロリー
  • 活動消費カロリー
  • エクササイズ
1日毎:

  • 歩数
  • 総消費カロリー
  • 活動消費カロリー

1時間毎:(7日間)

  • 歩数
  • アクティブ歩数
  • 総消費カロリー
  • 活動消費カロリー
1日毎:

  • 歩数
  • 総消費カロリー
  • 活動消費カロリー
  • エクササイズ
姿勢情報
6方向:立位、倒立位、仰臥位、側臥位(左右)、伏臥位
電池
ボタン型リチウム型電池CR2032 1個
電池寿命
約6カ月
約1年
約6カ月
外形・重量
75×33.5×10.8mm
約26g(電池含む)
直径27mm , 厚さ9.1mm
約9g(電池含む)
72×42×29.1mm
約45g(電池含む)

SleepSign(R) Actは、スリープクリニック調布との共同開発により生まれました。
ご不明点やご質問など、お気軽に弊社までお問合せ下さい。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

キッセイコムテック株式会社
公共・医療ソリューション事業部
TEL:0263-48-5551
製品名SleepSignAct
分類睡眠:活動量 (人間用途)
製品概要活動量を用いて、 睡眠/覚醒を判別する解析ソフトです。
資料 カタログダウンロード 資料ダウンロード