簡単操作でPDF・動画・画像等の多様な資料を登録・配信
配信資料はいつでも閲覧、ノートの様に書き込み・保存

導入効果

教員や学務課と学生双方の利便性向上を図ると共に
学習の機会や質の向上を実現します

1. 授業準備の効率化
これまで行っていた教材のコピーや配付等の作業は不要です。
PCで作成したOffice文書や撮影した画像や動画、音声等のデジタルコンテンツをサーバーに登録するだけで授業準備は完了です。
授業や研究、学生指導に多忙な教員や学務担当者の貴重な時間を有効活用することができます。
2. 学習の質の向上
文字や図表が中心だった講義資料をデジタル化するだけでなく、これまでは授業中のみ視聴していた動画や高精細画像をいつでも・どこでもタブレット端末で閲覧することができます。
特に医療や技術の専門分野においては、手術や実技の動画も手元で繰り返し参照することが可能になり、理解度と習熟度の向上が期待できます。
3. 学習機会の創出
タブレット端末にPDF、動画、音声、画像等の多様かつ大量の授業コンテンツを格納できるため、タブレット端末があればいつでも学習が可能です。
授業中はもちろん、自宅や通学中など、様々なシーンで予習や復習ができるため、学生の主体的な学習を支援します。

3つの特徴・基本機能

特徴1. ユーザー情報と履修情報の一元管理
ユーザー(教員、学生)情報や授業情報、履修情報はサーバーシステムで一元管理。
各種設定情報はCSVファイルのインポート/エクスポートができますので、メンテナンスも簡単です。
ユーザーID/PWはAD連携(オプション機能)させることも可能です。
特徴2.簡単操作で授業コンテンツを登録、配信
授業資料準備作業を劇的に効率化。 サーバーシステムで対象授業を選択して、授業用コンテンツ
(PDFやOffice文書、画像、動画、音声)を画面上にドラッグ&ドロップするだけで授業準備が完了。
使用する教材の性質に応じたセキュリティ設定や著作権保護に対応した有効期限設定も可能です。
学生はタブレット端末でID/パスワードでログイン。予め設定された履修情報に基づき、授業資料が
タブレットに配信されます。配信済みの授業資料はオフライン環境でも閲覧が可能です。
特徴3.授業資料へのメモ記入と安心のデータバックアップ機能
学生の在学期間中は、タブレット端末をデジタルテキストとして活用、授業教材が蓄積されます。
配付された授業資料には、ペンツールを使用してメモを記入、保存することができますので、
テキストと共にいつでも・どこでも振り返り学習が可能です。
配布された資料とメモ情報はサーバーシステムに自動バックアップされていますので
端末紛失や端末買替時にも自分のテキストとノートを復元することが可能です。

製品仕様

【動作環境】
対応ファイル形式
PDF
動画(MP4、M4V)
音声(MP3) 
静止画(JPG、PNG)
Microsoft Word/PowerPoint/Excel(Office文書PDF変換オプションにて対応)
HTMLコンテンツ
サーバー(オンプレミス)
OS
Windows Server 2012 R2以降
※推奨:メモリ 8GB以上、CPU Xeon E3以上
タブレット
iPad
iOS 11以上を搭載したiPad Pro, iPad, iPad mini
※Apple Pencilに対応するiPadを推奨いたします。
管理用PC
ブラウザ
Google Chrome/Internet Explorer11以上

【主要機能一覧】
資料閲覧機能
資料の比較表示(2画面並列表示)
ファイル検索機能(ラベル検索、ファイル名検索)
PDFページ一覧のサムネイル表示
PDF検索機能(全文検索、目次表示)
カテゴリ(フォルダ)の階層構造化(3階層まで)
ファイル閲覧補助機能(履歴一覧表示、お気に入り管理)
画面同期
ファイル選択、ページ送り、ファイルの切り替え
資料の一斉更新
発表者の切替え
会議室からの一斉退出(同期の一斉解除)
資料へのポインタ同期(PDF、画像、動画対応)
資料へのマーカー・ペン書き同期(PDF、画像対応)
資料の拡大・縮小表示同期(PDF、画像対応)
手書きメモ機能
PDF・画像ファイルへの手書き/テキストメモ記入保存機能
セキュリティ機能
アプリ起動時のパスコードロック
ファイル単位で資料登録後のダウンロード有効期間設定
ファイルの外部アプリ連携可否設定
ファイルの印刷、メール送信可否設定
ファイルの閲覧有効期限設定
端末紛失時の遠隔消去コマンド発行
バックアップ・リストア機能
ダウンロード資料とメモ情報はサーバーに自動でバックアップ
端末入替え時等はバックアップデータからリストアが可能

授業コンテンツ管理システムへのお問い合わせ、資料ダウンロード

お気軽にお問い合わせください

お客様先に訪問し、実機による製品デモも行っております。
システム機能や仕様についてなど、ご不明な点があれば
お気軽にお問い合わせください。
授業コンテンツ管理システムの製品紹介資料はこちら。


TOP