カメラから骨格情報を得ることで、姿勢のゆがみや体のねじれを簡単に計測・評価することのできるシステムです。

image_shiseicam
ShiseiCamは、深度センサーを用いたカメラから骨格情報を得て、首・肩・体幹・腰・脚のゆがみの傾向、体のねじれ、猫背など背中の傾向の姿勢評価を行います。
さらに撮影した画像にストレッチが必要な箇所を示し、推奨するストレッチを提案します。これらから自らの姿勢の状態を認識し、ストレッチの実践や正しい姿勢を意識した活動から姿勢の改善を促します。

姿勢のゆがみが一目でわかるレポートを出力します。

そのまま解説できるレポートを出力します。

骨格情報から姿勢を自動評価します。

カメラから取得した骨格情報で姿勢のゆがみや体のねじれを評価します。
出力されたレポートで自分の姿勢を認識してもらい、正しい姿勢を意識した生活を送ることで姿勢の改善を促します。
レポートには評価に応じたストレッチも掲載しています。
compare※クリックで拡大します。

簡単な操作でレポートを出力します。

難しい操作は不要で、ソフトのガイドに従って操作するだけで姿勢評価のレポートが出力できます。
カメラとパソコンだけなので、面倒な準備もいりません。

様々な現場でご利用いただけます。

整骨院・接骨院、
病院で
サービス向上 & 売上・集客アップに
機械で自動的に認識・レポートを出力することで、患者さんへの説明を短縮することができます。
また、治療経過を患者さんごとにデータ化しているため、容易に管理することができます。
介護予防
健康増進事業
企業健診の現場で
身体虚弱による姿勢変化をフィードバック
骨粗鬆症での姿勢変化・荷重関節のアライメント変化、腰痛やその他・不良姿勢からくる疾患の不調に気づく機会になります。
運動効果の指標としてモチベーションアップにもつながります。
学校で 運動器検診の補助評価機器に
円背・FTA角度の指標としてご利用いただけます。
姿勢のフィードバックに最適です。
年間を通じて成長と姿勢が経時的にデータ保存できます。
スポーツジムで 運動のモチベーションアップに
姿勢測定を通じて自分の体を客観的に見つめなおす機会を提供します。
筋肉の傾向を知ることで、運動効果の指標としてモチベーションアップにもつながります。

豊富なレポート出力項目

なかの傾向
姿勢のタイプ(猫背、反り腰、フラットバック、正常)を判定します。
ゆがみ・痛みを避けるための対策をアドバイスします。
Point
脊柱のラインも表示します。
背中の傾向
姿勢チャート
14項目の指標を基に姿勢を採点します。
ゆがみの傾向が一目でわかります。
Point
ピンクの円より内側がゆがみが大きい部分です。
姿勢チャート
肉の傾向
姿勢から推定される筋肉の状態を可視化します。
ストレッチの必要な箇所が一目でわかります。
Point
ゆがみ(筋肉の短縮)が赤で示されます。
筋肉の傾向
奨ストレッチ
個々のゆがみに合わせたストレッチを提案。
写真付きの説明で、やり方を忘れることもありません。
Point
レポートを見ればすぐにやり方が分かるので、日々の継続的なストレッチが期待できます。
准将ストレッチ

※当システムは健康科学大学 臨床教授 中村崇先生との共同開発により生まれました。

GHSマーク
ShiseiCamは、利用者に対する安全性と品質を確保するために、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS開発ガイドラインに準拠して開発されています。
GHSマーク及びGHS開発ガイドラインについてはこちらをご覧ください。

使用環境

2.0m×3.0m程度の空間で撮影を行います。
周りに物がなく、太陽光の入らないスペースで計測してください。
<撮影イメージ>

服装条件

可能な限り、体にフィットした服装で撮影を行ってください。
以下の服装では正しく計測ができません。
・赤外線を吸収・反射する服装(例.黒い服や反射材のついた服など)
・関節位置が分かりにくい、ゆとりのある服装
(スカート、カーディガン、コートなど)

使用限界

・身長は100 cm以上を推奨としております。
・上体を起こして直立できない方(杖や介助が必要など)は計測できません

システムに必要なもの

「パソコン1台」と「Kinect for Windows1台(および三脚)」です。

計測に使用するパソコン

Kinectを動作させるための以下の要件を満たしている必要があります。

OS(※) Windows8以上 64bit
メモリ 4GB以上
CPU Corei7 3.1GHz以上の64bit CPU
USBバージョン(※) USB3.0
USBホストコントローラー(※) intelまたはRenesas
グラフィック(※) DirectX11対応グラフィックカード

※は必須事項です。
※お客様でPCを御用意される場合には、必ず一度弊社までご相談ください。 Kinectが動作しない場合があります。

レポートで出力できる項目

姿勢チャート 全14指標
・首の傾き(左右) ・肩の傾き(左右) ・骨盤の傾き(左右)
・体幹の傾き(左右) ・右膝関節角(立位) ・左膝関節角(立位)
・右膝関節角(屈位) ・左膝関節角(屈位) ・肩前後位置
・首の傾き(前後) ・体幹の傾き(前後) ・骨盤の傾き(前後)
・肩のねじれ ・骨盤のねじれ
せなかの傾向 猫背、反り腰、フラットバック、正常の4種類に分類
(脊柱ラインの表示と対策アドバイス付き)
筋肉の傾向 25箇所の筋のうち、短縮していると推定される箇所を示します。
推奨ストレッチ 19種類のストレッチから、個々のゆがみに最適なストレッチを提案。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

キッセイコムテック株式会社
公共・医療ソリューション事業部
TEL:0263-48-5551
製品名ShiseiCam
分類姿勢計測
製品概要カメラから骨格情報を得ることで、姿勢のゆがみや体のねじれを簡単に計測・評価することのできるシステムです。
資料 カタログダウンロード 資料ダウンロード