専用カメラで手の甲に取り付けたマーカの動きを計測し、正しい胸骨圧迫をリアルタイムに音声指導します。

top3

システムの特長

◆ CPR Evolution デモムービー(音声あり)

◆ 専用カメラで手の甲に取り付けたマーカの動きを計測し、リアルタイムにフィードバック
◆ カメラ1台とPCというシンプルな構成なので持ち運びも簡単
◆ 訓練人形がない場合でも、ゴムボールなどで代用可能

計測の様子

用途に合わせた2種類のバージョンから
お選びいただけます!

訓練用・研究用
どちらにも使えるフルバージョン
訓練用途に特化した
簡易バージョン

定価: 150万円(税抜)

定価: 30万円(税抜)

様々なパラメータをモニタリング

◆ 「リズム」、「深さ」、「デューティーサイクル」、「リコイル」、「圧迫位置・圧迫角度」をパソコン上でリアルタイムにフィードバック
◆ 各パラメータが適正範囲外の場合はメッセージが表示され音声アドバイスが流れる

「リズム」, 「深さ」, 「デューティーサイクル」, 「リコイル」

◆リズム: 1分間あたりの圧迫回数を表示
◆深さ: 圧迫の深さをcmで表示
◆DC(デューティーサイクル): 押す速さと引く速さの比を%で表示
◆リコイル: 圧迫を解除した時に手が元の位置まで戻っているかを表示

「圧迫位置・圧迫角度」

◆圧迫位置・角度: 圧迫の軌跡を描画し、位置・角度のズレを表示

訓練・研究をサポートする様々なモード

練習モード

練習をするためのモードです。練習したデータはファイルには保存されませんが、画面と音声メッセージによるフィードバックがあります。
practicemode

収録モード

設定した時間の中で胸骨圧迫動作を行い、結果をファイルに保存するモードです。収録中は、リアルタイムで画面と音声メッセージによるフィードバックがあります。
recmode

テストモード

設定した時間の中で胸骨圧迫動作を行い、結果をファイルに保存するモードです。収録モードとの違いは、テストモードの場合、収録中に画面表示と音声によるフィードバックがありません。自分の実力などを判定する時に使います。

※CPR Evolution 02の場合、データを保存できません

testmode

結果表示モード

計測したデータを解析するモードです。計測が終了した時に、自動的にこのモードに切り替わります。

【採点結果の表示】
レーダーチャートで各パラメータの得点バランスを確認できます。
resultmode

【収録データのリプレイ】
計測したデータをリプレイして振り返ることができます。
resultmode_2

【データの比較】
自分の過去のデータ、あるいは教官のデータ等と並べて比較することが可能です。
compare

推奨動作環境

OS Windows7 (32bit/64bit)
Windows8 (32bit/64bit)
Windows8.1 (32bit/64bit)
Windows10 Pro (32bit/64bit)
CPU Corei5以上
メモリ 4GB以上
インターフェース USB2.0

CPR Evolution 01 & 02 機能比較

表示機能 CPR Evolution 01 CPR Evolution 02
リズム(bpm)
深さ(cm)
デューティーサイクル(%)
リコイル(cm)
圧迫位置・圧迫方向 ×

 

モード一覧 CPR Evolution 01 CPR Evolution 02
練習モード
収録モード ×
テストモード
データの保存 ×
採点結果の表示
収録データのリプレイ ×
過去データとの比較 ×

お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

キッセイコムテック株式会社
公共・医療ソリューション事業部
TEL:0263-48-5551
製品名CPR Evolution
分類CPRコーチング
製品概要専用カメラで手の甲に取り付けたマーカの動きを計測し、正しい胸骨圧迫をリアルタイムに音声指導します。
資料 カタログダウンロード 資料ダウンロード